MPLAB X IDEでprojectをコピーしてコンパイルしようとしたらエラーがでたときの対処法

MPLAB_Error800x360eye

MPLAB X IDEでprojectをコピーしてコンパイルしようとしたら[….production.hex dose not exist or is not an executable.]とエラーがでてコンパイルできない状態になったときの対処法になります。これがベストかどうかはわかりませんが備忘録として対処手順を残しておくことにしました。

このときのMPLAB X IDEのバージョンは、v5.40です。

前述のようにMPLAB X IDEでprojectをコピーしてからコンパイルしようとしたら以下のように[….production.hex dose not exist or is not an executable.]とエラーメッセージが表示されコンパイルできませんでした。Clean and Buildをしようとしても同様でした。

mplab_error00

で、調べたところConfiguration設定をしなおしたらコンパイルできるという海外のページを見つけることができました。

手順は以下の通りです。

対策手順

まず、projectのプロパティを開いて下図赤枠の[Manage Configuraions…]ボタンを押す。

mplab_error01

Conigurationsダイアログが開くので[New]ボタンを押してNewConfiguraionを追加する。

mplab_error02

以前のConfiguration設定を選択して[Remove]ボタンで削除して[ok]ボタン

mplab_error03

この状態はデバイスもコンパイラも選択されていないプロジェクトを新規に作るときの状態にもどっています。

mplab_error04

で、このあたりを設定しなおしてやって[apply]ボタン、[ok]ボタンでコンパイルできるようになります。

mplab_error05

中川電子技研

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL